2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新小岩駅北口たこ焼き屋【たこ哲】にて「大地震発生時は何処にいましたか?/被災地へのメッセージ」突撃街頭インタビュー | トップページ | 春季バレーボール大会 家庭婦人の部 »

2011年3月18日 (金)

柴又の街の様子&葛飾ブランド『地震耐蔵君』のお話。

まず、東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)で被害に遭われた方々 お亡くなりになられた方々に心からのお見舞いとお悔やみ申し上げます。

震災から1週間。
先週は、震える手でマイクを握り直後の様子をお伝えすることになった、レポートのコーナー。

かつしかFMの放送も通常放送に戻った今週のレポートは
動き始めた今の葛飾の街の様子を伝えるべく、自転車を走らせ、まず柴又へ。

柴又帝釈天は観光客というよりも、被災地の復興とこれ以上の被害の拡大が無いことを祈る地元の方の姿が見られました。

帝釈天参道の人通りはほとんどない状況でしたが、落ち込んでばかりもいられないと約八割のお店が営業を始めていて、皆さんかなり経済的な打撃を受けている、厳しい状況だとお話されていました。

被災者の方々のことを思うと贅沢していられない、遊んでられない、不謹慎だという声もあるかもしれませんが、地元の経済が危機に陥ってしまうという状況はさらに良くないと思います。

今日のような清清しい晴れの日に安心してお出かけできる人が早く増えるよう、賑わう柴又の姿が早く戻ってくるよう祈るばかりです。

そうそうflair駅前のレディースファッションのお店『笠木屋』さんは、節電の為に店内の明りを消していますが、スプリングコレクション開催中で、店内は春らしいパステルカラーのお洋服がズラリ。心も明るくしてくれる雰囲気になっていいましたよcherryblossom

そして、駅前の柴又観光案内所『かつまるショップ』でこんなグッズを発見しました。downwardleft

20110318a

その名も『地震耐蔵君』good
平成19年年度の葛飾ブランド「葛飾町工場物語」に認定されたこの商品。
地震が発生した際、室内の家具の倒壊を防止する為のゴム具です。
震度6強の地震に耐えれるそうです。

今回の地震で防災意識が一気に高まった消費者からの問い合わせが増えているというこの商品。
そこで、『地震耐蔵君』開発プロジェクトのストーリーを製造元である株式会社杉野ゴム化学工業所社長の杉野さんに伺うべく柴又→白鳥へkaraoke


地震耐蔵君はゴム工業会の若手で結成された『ゴム技術伝承セミナー』が母体となって進められたプロジェクト。
家具や壁に傷をつけずに取り付け可能なものを・・・と
再生天然ゴムを使用し、摩擦力を高める研究や、色移りをなくす為の研究、有害物質を含まずに性能を維持する研究など、多岐にわたる研究を重ね完成されたものです。

その実績はシンガポールの新聞に「日本の小さな町工場が素晴らしい仕事をしている」と大きく取り上げられた程shine

地震後は、商品を入荷したいという問い合わせの他、利用者の方から、「箪笥も食器棚も全く倒ず、ケガをせずにすんだ」という感謝の報告も相次いでるとのコト。

社長の杉野さんは、防災士でもあり地震に対してもプロフェッショナルな知識をお持ちの方です。
その杉野さんとゴム工場の集積地として知られる葛飾のゴム職人達の熱い思いがカタチになった『地震耐蔵君』は今もっとも注目な、素晴らしい葛飾ブランドではないかと思いました。
お求めは柴又の『かつまるショップ』もしくは、杉野ゴム化学工業所さんに直接お問い合わせ下さい。(石垣)


株式会社 杉野ゴム化学工業所 
葛飾区白鳥1-4-9
TEL:03-3691-5732



« 新小岩駅北口たこ焼き屋【たこ哲】にて「大地震発生時は何処にいましたか?/被災地へのメッセージ」突撃街頭インタビュー | トップページ | 春季バレーボール大会 家庭婦人の部 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新小岩駅北口たこ焼き屋【たこ哲】にて「大地震発生時は何処にいましたか?/被災地へのメッセージ」突撃街頭インタビュー | トップページ | 春季バレーボール大会 家庭婦人の部 »