2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 新小岩【もんじゃ・お好み焼:もんぱち】にて「裁判員をやっていみたいですか?」突撃街頭インタビュー | トップページ | 第28回しんこいわ学び交流館まつり »

2010年10月 1日 (金)

葛飾区伝統産業館

葛飾区立石7-3-16(京成立石駅徒歩2分) TEL:03-5671-8288
定休日:月・火 開館時間11:00~18:00  HP


江戸切子に象牙、銀器、刃物、印伝、唐木細工、五角はし、江戸教え羽子板・・・・
あげればきりがないほどの工芸品がズラリと展示販売されています。
事務局長山中さんは、東京でもこれだけの物が常時展示販売されているところはないんじゃないかとお話されていました。
葛飾区は素晴らしい職人さん達がたくさんいる街なんだという事がここにくるとわかります。
ひとつひとつが手作りだから、一点もの。
職人さんとそのご家族が交代で店頭にいますので、運が良ければ、欲しい作品を実際に作った職人さんの説明を受けて購入できるのも伝統産業館の魅力です。
熟練の技と魂が生んだ工芸品の美しさ、見て触って、作り手と触れ合うからこそ、更に愛着を感じ、日本の伝統文化を学ぶと同時に物を大切する心をはぐくむ場所だと思いました。(石垣)

20101001a

« 新小岩【もんじゃ・お好み焼:もんぱち】にて「裁判員をやっていみたいですか?」突撃街頭インタビュー | トップページ | 第28回しんこいわ学び交流館まつり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新小岩【もんじゃ・お好み焼:もんぱち】にて「裁判員をやっていみたいですか?」突撃街頭インタビュー | トップページ | 第28回しんこいわ学び交流館まつり »