2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« G-Rockets | トップページ | 街頭行政相談 at 京成高砂駅改札前 »

2009年10月14日 (水)

伝統産業館

葛飾区立石 7-3-16 京成立石駅徒歩2分、京成バス「立石七丁目」すぐ
営業時間 11:00~18:00 月・火 定休日

職人さん達の作った伝統工芸品を展示・販売されてる素敵な会館☆
今日は「印伝(印傳)」の職人さん矢部さんと
「江戸鼈甲」の職人さん山川さんにお話を伺いました!

印伝(印傳)は鹿革にインドから渡ったインド更紗の模様を
漆(うるし)で浮彫りにさせる伝統的な手法のこと。
湿気と温度がとても重要で、大昔から鹿の革が好まれてるそうです。
昔は煙を使って革に色をつけるところから始めたそう。
今は染料を使ってますが、革の裁断からきちんと作られてる
ところは東京では矢部さんだけ。全国でも6件しかないそうです。
かわいいポーチや鞄、パッチワークのお財布などが人気です。

江戸鼈甲はカメの甲を削ってつくられる伝統工芸。
熱で貼り合せたり削ったり磨いたりを総て手作業で作られます。
商品は山川さん曰く「足の先から頭のてっぺんまで!」
なんと靴ベラや爪楊枝、耳かきなどもあるんです。
因みに、黒い鼈甲と黄色い鼈甲がありますが、甲は黒が
ほとんどのため黄色い鼈甲のが数段お値段高いのです。
イヤリング、ピアス、ネックレスなどが可愛いくてオススメ。

第25回 葛飾区産業フェア

今月16日(金)~18日(日)「工業・商業・観光展」‥

そして今月23日(金)~25日(日)「農業・伝統産業展」に
「印伝さん」「江戸鼈甲さん」も参加される予定です☆
矢部さんも山川さんもブースにいらっしゃるそうです!
昔からの伝統のもの、だけでなく今の方々にも好んで
もらえるような素敵な商品、いっぱいです。
是非、葛飾区の工芸品、ご堪能ください♪ ムラタ

会場 テクノプラザかつしか(青戸7-2-1)
    東京都城東地域中小企業振興センター

20091014b

« G-Rockets | トップページ | 街頭行政相談 at 京成高砂駅改札前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« G-Rockets | トップページ | 街頭行政相談 at 京成高砂駅改札前 »