2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 第25回葛飾区産業フェア~工業・商業・観光展 | トップページ | 第25回葛飾区産業フェア »

2009年10月16日 (金)

葛飾区伝統産業館

葛飾区立石7-3-16  TEL:03-5571-8288
11:00~18:00    毎週月・火定休     HP

今日ご紹介した職人さんは、江戸押絵羽子板職人の新田美千恵さんと東京銀器職人の西山文章さん。
子育て資金の為にパートで始めた仕事が40年。子供達がお母さんが伝統工芸の職人であることを誇りに思ってくれているのが、とても嬉しいと顔をほころばせて話す新田さん。
その笑顔がとてもステキでした。
一つ一つのパーツに綿を入れて布を貼り組み合わせていく、本当に細かな手作業の連続で完成する押絵羽子板、近くで見るとまたその繊細な美しさに感動します。

西山さんは教室も運営されている方で、最近では、ラオスまで教えに行ったりワールドワイドに活躍されている職人さん!
東京銀器の技法には、鍛金(打ち物)と彫金という技法があり、鍛金はとても力のいる作業。スレンダーなのに筋肉隆々の太い腕が銀器職人としての西山さんの歴史を物語っているように思いました。
職人さんと会話して触れ合いながら伝統工芸を知り、購入するコトもできる伝統産業館。
若い人にも気軽に立ち寄って頂いて、伝統工芸の良さを知って欲しいとお話されていました。

そして、10月23日(金)~25日(日)の 第25回葛飾区産業フェア「農業・伝統産業展」も、葛飾の職人さんと触れ合える機会です!伝統工芸品の制作実演・展示販売や23日(金)のステージでは「職人さんいらっしゃーい」のコーナーなど楽しい企画盛りだくさんです♪是非お出かけ下さい☆(石垣)

20091016b

« 第25回葛飾区産業フェア~工業・商業・観光展 | トップページ | 第25回葛飾区産業フェア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第25回葛飾区産業フェア~工業・商業・観光展 | トップページ | 第25回葛飾区産業フェア »